読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べることは生きること

食の安全、食育、調味料へのこだわり、たまに育児の話。

育て方が悪かったからではない

それはある日、突然起った。

 

 

 

 

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

 

突如、夜中に響き渡る謎の叫び声。

 

 

 

f:id:primavera-rose1108:20170327164525j:plain

↓以下、しばらくコナン君調にお読みいただければと。笑

 

それは夜、子どもたちを寝かし付けると同時に、寝落ちしてしまってから1~2時間後の出来事だった。

ムクっと起き上がた我が家の長男。

そのまま、泣け叫びながら、ぐるぐると布団の周りを回り始める。。。

 

平穏な家庭に突如起きた謎のミステリー。。。

 

はい。すみません~。

ちょっとミステリー調に書いてみました。笑

 

でも、そういうのがここ2週間ほど続いてるんですよ~。

母もコナン君も哀ちゃんも

f:id:primavera-rose1108:20170327164734j:plain

目が点になるくらいビックリです。

 

ヤバいよ、ヤバいよ~。

母、寝不足になるよ~。

そっちか。笑

f:id:primavera-rose1108:20170327164841j:plain

事件は会議室で起きてるんじゃない 現場で起きてるんだ。

だけど、事件の原因は会議室で起きてるんだ。

会議室では何が起きてるんだ? 

 

こんなブログを書いてる私でも、子どもが夜中泣きわめくとさすがに心配になります。

私も寝不足になるしね。

で、ググってみるとどうやら長男は夜驚症(やきょうしょう)のようです。

以下、Wikiより引用。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

夜驚症(やきょうしょう)とは、睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状のことである。

概ね数分から十数分間症状が続く。

夢とは異なり目覚めた時に本人はそのことを覚えていないのが普通である。

 

小学校入学前から小学校低学年の児童に見られる症状であり、高学年以上では稀である。睡眠中枢が未成熟なために起こる症状であると考えられている。

発達に伴って、自然に良くなっていくものであり、多くの場合、特別な治療は不要である。

 

夜驚は、深い眠りでこわい夢を見て、部分的覚醒状態 (半分だけ目が覚めた状態 )になるために起こる。

夜驚は育て方というより、生まれつきの脳の素質によって起こる。

 

育て方が悪かったからではない。

 

夜驚が始まるとき、3人に1人はきっかけがあって出てくる。

普通夜驚が起こりやすいのは、3~6歳である。

8歳以上になると、脳の仕組みから夜驚は出にくくなる。

 

日中の接し方は、変える必要はない。

今までどおりでかまわないという意見のほか、神経症の症状として発現しているという考えもある。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

Wikiよ、ありがとう~

どなたが執筆されたか知りませんが、心より感謝いたします。

育て方が悪かったからではない。

この言葉にどんなにほっとしたことか。 

神よ、感謝します。

f:id:primavera-rose1108:20170327165146j:plain

アーメン。

クリスチャンじゃないけどね。笑

 

母親っていうのはね、 子どもが思わぬトラブル抱えたりすると、自分のせいと思いがちなんです。

さすがに発症してから2週間も経てば、「はいはい。そういう時間ね~」と落ち着いていられるけど、始めて症状が出たときにはめっちゃ焦りましたよ。

私、長男を怖がらせるようなこと何かした?ってめっちゃ思いましたもん。

思い当たる節、ありありだったし。。。

 

だって、うちの長男、

 おこづかいもっと欲しいとか、

 ゲームもっとさせてとか、

 おやつもっと欲しいとか、

母としては受け入れがたい要求ばっかするんですよ~。

 

こりゃーって怒鳴りつけてしまうのも、ある意味しゃーないっしょ。

それこそ、

f:id:primavera-rose1108:20170327162423j:plain

「ゴメン、ゴメン、一旦ゴメ~ン」

と母も一旦ゴメンを召喚したくなります。笑

 

でも、夜驚症に関して言えば、育て方が悪かったからではないみたい。

  

どうやら、

f:id:primavera-rose1108:20170327165439j:plain

ではなかったみたいです。

 

ほっ。笑 

て、ほっとしたのはいいけど、うちの長男の場合、

 『そのまま、泣け叫びながら、ぐるぐると布団の周りを回り始める。。。』

 そうなんです~。

うちの長男の夜驚症は、夢遊病とセットなんです~。

 

はいはい。夢遊病もググってみますよ~。

以下、再び、Wikiより一部引用。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう, Sleepwalking)とは、睡眠中に発作的に起こる異常行動のことで、夢遊病夢中遊行症(somnambulism)とも呼ばれる。

 

無意識の状態で起きだし、歩いたり何かをした後に再び就眠するが、その間の出来事を記憶していない状態を指す。

その時間は、30秒から30分までの長さになり得る。

このような夢遊病の多くは、就眠後1時間から3時間のノンレム睡眠時に発生することが多い事が分かっている。

 

小児に多い病気である。

思春期が終わるころには自然に症状は消失するといわれているため心配する必要はないが、寝入るまで安全に保護する配慮が必要である。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

そーなんです。

そーなんっす。

ソーナンス

f:id:primavera-rose1108:20170327165807p:plain

ソーナンスも何気にずっといるよね。

 

寝入るまで安全に保護する配慮が必要である。

そーなんです~。

 

我が家は2階建ての一軒家で、現在、子どもたちと2階で寝ているけど、階段から落ちたりでもしたら、もう大変!

階段から落ちるのも大変だけど、そのまま外に飛び出して、車にでも跳ねられたりしたら、大変どころの話じゃありません。

 

それだけは断固阻止せねば!!!

 

ということで、夜驚症発症時の私のミッションは、長男を寝室から出さないようにすること

それさえクリアできれば、暖かいお布団と気持ちいい睡眠が私を待っているのです。

 

おふとんかけたら  

f:id:primavera-rose1108:20170327170118j:plain

ぬーくぬく で

おやすみなさい 出来るんです。

私の快適な睡眠のためにも、長男には速やかに寝入っていただかねば。

 

そこで、今、試してみてるのが、 

f:id:primavera-rose1108:20170327170207j:plain

 

たらららったら~♪

一周回るごとにハグして、なでなで作戦~

↑ネーミングセンスがないことは不問でお願いします。笑

 

これは、どういうことかと言いますと、うちの長男の夜驚症+夢遊症の場合、 

『そのまま、泣け叫びながら、ぐるぐると布団の周りを回り始める。。。』

なんです。

そして、そのうち、寝室から飛び出して、1階まで降りたりもするんです。

 

その布団の周りぐるぐるの間に落ち着いて寝入ってくれたら、私も寒い冬の夜に、

眠い眼をこすりながら、1階までついて行かずに済むんです。

 

それ以上に、長男も無意識の間にハグして、なでなでしてもらえることで、

自分はいていいんだ~

ちゃんと愛されてるんだ~

という思いが彼の潜在意識にすり込まれるかな~という思いもあります。

 

長男の夜驚症ですが、育て方が悪かったからではないとはいえ、やっぱり長男には次男が産まれて、ちょっと寂しい思いをさせてるからかな~という母の思いもあるのです。

 

ま、ピンチはチャンスといいますし、これを機に、長男の自己肯定感がより高まるきっかけになってくれればいいかな~と目論んでおります。

 

にしても、長男の夜驚症

まだまだ毎晩寒いし、そろそろ終わってくれるとありがたいんやけどな~。笑

 

ということで、ピンチはチャンスというお話でした。

↑そーだったの? と自分に突っ込んでみる。笑

 

   
今日もお読みいただき、ありがとうございました。